読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webライターとして生きる

五条ダンのブログ。「楽しく書く」ための実践的方法論を研究する。

「返報性の原理」を悪用したマーケティングは人間不信を生み出す

「私、褒められるのが怖いんです」とでも言おうものなら、おいおい、まんじゅう怖い的なネタ振りかよと突っ込みたくなる。

しかし実際に、僕は褒められるのが怖いし、褒めてくる相手を警戒してしまう。好意から発せられた言葉にも、何か裏があるんじゃないかと怯える、悲しい人間である。

返報性マーケティングが生む人間不信

何年か前にブログセミナーに足を運んだとき、講師の人が最初に口に出した言葉が返報性の原理だった。

講師のプロブロガー曰く。人は他者から好意を受け取ったときに、お返ししなきゃ!と感じる心理がある。だから他者からブログを評価されたければ、まずは相手のブログを評価せよ、と。

はてなブックマークを利用しているブロガーを検索し、彼らのツイッターをフォローしよう。記事のシェア拡散には積極的に協力し、いいね!やポジティブなコメントを書き込んで、相手にどんどん好意を与えるべし。

そうすれば返報性の原理が働き、好意が自分の元へと返ってくる。ブログをホットエントリーに載せたければ、返報性を利用するのが最短経路である。

セミナーの参加者はうんうんと頷いていたが、僕は(こんなん人間不信になるわ!!!)と思った。

また、これは別の話だが「無報酬でイラストレーターに絵を描かせる」あるいは「格安でWebライターに文章を書かせる」ためにブラックな会社は何をするか。

手始めに、相手を褒めて褒めて褒めまくるのである。

どこまでマニュアル化されているかはしらないが、そのようなことをやってくる相手は少なからずいる。

具体的な報酬額・仕事内容の話を伏せて、不自然にベタ褒めしてくる人がいたら要注意だ。

承認欲求の充足と引き換えに仕事をやるのも悪くないが(僕のやってる自治会の仕事もそんな感じだし)ただ、相手の好意が偽りであったら話は別である。

それは、単に都合良く利用されているに過ぎない。

偽りに満ちた賞賛の氾濫は、ネット世界に人間不信を生み出す恐れがある。

返報性マーケティングは承認欲求を食い物にする

貸し借りが残った状態を心は気持ち悪く感じ、解消しようとする。このときの「お返ししなきゃ!」と思う心理を利用するのが、返報性マーケティングである。

今どき、街中でポケットティッシュを貰ったくらいで「お返ししなきゃ!」と感じる人は少ないだろうが、お店のイベントで豪華なプレゼントを手渡されたときは、何か買わないと(契約しないと)申し訳ないなという思考が過ぎる。

いわゆる無料サンプルや試食品の提供も、返報性の原理の活用事例としてよく紹介される。

しかし返報性マーケティングの本質は、相手に精神的な充足感を与えることにある。(精神的に満足しなければ、お返ししなきゃの心理が働きづらい)

例えば服屋に行ったら、店員さんが「お似合いですわぁ」と褒めちぎってくれる。これは返報性の原理の健全な活用事例といえよう。

ブログ論壇でしばしばやり玉にあげられる「互助会」も、まさに承認欲求に訴えかける返報性マーケティングだ。(※意図的にやっている場合の話です。念のため)

相手がブログを更新すればツイッターやフェイスブックでシェアして、好意的な反応をつける。ブックマークのコメント欄では「いい記事ですね!」「勉強になります!」「さすがです!」みたいなポジティブな意見しか書かない。

たとえお世辞だと分かっていても、承認欲求を満たされると「お返ししなきゃ」と強く感じてしまう。なぜならば、お返ししなければ次は見放されて、《承認》されなくなるかもしれないからだ。

だから、お返しとして相手のブログを見に行くし「いい記事ですね!」「勉強になります!」「さすがです!」とブクマする。

僕はブロガーの互助会を悪いものとは思っていないが、もしも「お返ししなければ次からは承認されない」という不安が生ずるのだとすれば、それは大いに問題と感ずる。

お返ししなければ得られない賞賛など、本当の評価ではあり得ないのだから。そもそも見返り目的の褒め言葉など、空しい虚飾である。

返報性マーケティングが一般的になってしまうと、自分に向けられた好意が真実なのか偽りなのか、分からなくなってしまう。

服屋に行って「お似合いですわぁ」と言われるのは、こちらも相手が仕事として褒めてくれるのが明白だから、怖くはない。

ところが、インターネットだと、これが分からない。ゆえに怖い。人間怖い。

Web小説コンテストにおける返報性スパムの闇

小説投稿サイト「カクヨム」で小説コンテストが開催されたときも、レビューやスターの見返りを目的とした不正な評価が問題視された。

投稿作のあらすじだけを読んで「ぐいぐいと引き込まれるファンタジーでした!」「読みやすく軽快な文体!」みたいな、(本当は読んでいないというボロを出さないための)当たり障りのない、しかし作者が喜びそうなレビューを残す。

好意的なレビューを何百件と量産して、その返報性で自作に評価が与えられるのを期待する、スパム的行為。そしてそれは、現実に成功した。

カクヨム小説コンテストの第一回で横行した《好意的レビューの量産戦略》通称、ふぁぼ爆。これはのちにカクヨム運営にスパムとみなされ、一応の対策が図られる形となる。

僕も第一回のカクヨムコンテストに投稿していて、はじめて貰ったレビューがこの《返報性スパム》だった。最初はぬか喜びしていただけに、大変なショックを受けた。

返報性マーケティングが悪い、と言いたいわけではない。

誰だって多かれ少なかれ、人に好意を与えるときは、何かしらの見返りは期待したくなる。それ自体は否定されることではないし、人間はそうやって持ちつ持たれつ、助け合って生きている。

それはそれとして。

見返りが目的で美辞麗句を並べ、相手の小説や絵を褒めるのは、作品に対して失礼なことだ。嘘も方便とは言うが、それはついてはいけない嘘である。

返報性マーケティングの一環として自作を賞賛されるくらいであれば、「読んだけどつまらなかった」という正直な感想の方が百倍ありがたい。

タイトルのとおり。

「返報性の原理」を悪用したマーケティングは人間不信を生み出す。

やってる側も自分の気持ちに嘘をついているわけだから、それは悲しいことに違いない。

(終わり)

自治会がやる赤十字の寄付金集めについて当事者の立場から答えます

毎年5・6月頃になると、町内会や自治会の役員が各家庭を回って「日本赤十字社の活動資金徴収」にやってくる。

僕も自治会に関わるまでは(赤十字社と自治会ってどういう関係性で動いているんだ…?)と不思議に思っていた。

しかし今年の4月から僕は自治会長に選ばれてしまい(経緯については前回の記事を参照)、自治会活動を続けるなかで赤十字運動の概略についておおよそを知るに至る。

ここでは自治会がやっている「赤十字の寄付金集め」について、よくある疑問に一問一答形式で答えていきたい。

【目次】

Q1.そもそも何で自治会が日本赤十字社の寄付金を徴収するの?

A.赤十字から自治会長宛に寄付金集めの協力願いが届きます。強制ではなく、自治会が任意で「協力」しています

5月のあたまに赤十字奉仕団から「赤十字活動資金募集についてのお願い」という書類が自治会に届く。その書類のなかに、徴収した活動資金の振込用紙・専用の領収証・赤十字社のシールなどの必要品も封入されている。

ちなみに赤十字奉仕団とは、日本赤十字社の各都道府県支部のなかに設置されているボランティア組織で、どうやら各市町村にそのような赤十字関連の団体があるらしい。(ここでは便宜上「赤十字」と呼称し、実質的に日本赤十字社の統率下にあるものとして扱う)

インターネットから赤十字に寄付ができるこのご時世に、どうして自治会が?と思わなくもない。

赤十字側の説明によると「赤十字は地域に根差した活動をしているので、自治会には地域住民とのパイプ役として協力してほしい」とのこと。

地域に根差した活動として分かりやすいのが献血活動だ。例えば「○月○日に某所で献血キャンペーンをやりますよー」といった案内も、自治会が回覧板でまわしたり掲示板に貼ったりして告知に協力している。

赤十字奉仕団と行政機関そして自治会は相互に協力し合っている。赤十字の活動報告では「各地区の自治会から○○円の社資を集めた」という実績も開示される。

ただあくまで、日本赤十字社の寄付金集めに協力するのは自治会の善意でありボランティア活動の一環に過ぎない。自治会に寄付金集めの義務や強制があるわけでは、決してない。

Q2.自治会費の徴収と一緒にされるんだけど、赤十字への寄付って強制なの?

A.強制ではないです。また、赤十字社から自治会に対する圧力もありません。完全に任意です

まず、自治会費の徴収と赤十字の徴収が同じタイミングでなされるのは、単に時期的なタイミングがちょうど良いというのと、集金作業の二度手間を避けるくらいの意味しかない。

赤十字社から自治会に対しては「強制ではないので、必ず赤十字会員加入・継続(活動資金納入)の意思確認をしてください」と複数の書類で念押しされている。

したがって寄付金の徴収の際に「意思確認」がまったくなかったとすれば、それは自治会がアウトである。

もしも無理やりに寄付金や募金を徴収しようとするような自治会があったら、すみやかに脱退しよう。(自治会は任意加入団体!)

いずれにせよ、寄付は強制でするようなものではなく、いかなる性質があろうとも断ることができる。というよりも、はじめに意思確認をする義務が自治会側にはある。

Q3.赤十字の「義援金」と「寄付」って何が違うの?

A.義援金は被災地(行政機関)にそのままお金を届けます。自治会で集めている寄付金は「赤十字社の活動資金」として使われます

自治会が赤十字運動で集めたお金というのは、基本的には日本赤十字社の活動資金として使われる。

例えば、献血運動・救急箱の貸出・健康安全講習・生活支援講習・災害時の救援物資調達……等のさまざまな活動費用として運用がされる。

日本赤十字社の各支部のホームページで活動内容は公開されているので、興味のある人は見てみよう。うちの地域は看護師の養成に力を入れている。

Q4.徴収のとき、領収証に住所と氏名を書かされたんだけど何で?

A.寄付した人の連絡先を提出するよう、赤十字から依頼を受けています

とりあえず自治会としては、赤十字社から「2千円以上の寄付をした協力者の住所と氏名を送ってください」と依頼されている。

2017年度からは2千円以上の寄付をした人が「赤十字会員」となるそうで、その会員登録のための情報となる。会員になれば『赤十字NEWS』なる機関誌が自宅に届くとのこと。

加えて、赤十字社への寄付は確定申告時の「所得控除」に使える。その寄付証明として、領収証に住所氏名が必要なのらしい。

Q5.寄付は500円以上じゃないと駄目って自治会の人に言われたんだけどそうなの?

A.誤解です。1円からでも寄付は可能です

500円以上というのは赤十字社が「目安」として定めている金額で、とくに500円以上じゃなきゃ駄目という決まりはない。1円からでも寄付はできる。

一口いくらと決まっているわけではなく、自由に寄付金額は決められる。

Q6.納めた自治会費から勝手に赤十字への寄付金として天引きされていたのだけれど、これってありなの?

A.自治会費から寄付をすること自体は可能です。ただし、自治会員への事前通告と承認なしでやるのは、自治会としてはアウトです

先にも述べたとおり、自治会としても「自治会費の徴収」と「赤十字社への寄付金集め」を同時並行でやるのは、少し手間となる。

なので自治会規約の方で「第○条 自治会費のうち○○円を日本赤十字社に毎年寄付する」といったふうに定めておいて、自治会として毎年一定額の納入をするという形を取るのが楽だ。

このように自治会規約の方に定められており、自治会員の同意が得られているのれあれば、自治会費のなかから寄付をすることはまったく問題ない

ただし、自治会として寄付してしまうと(個人は)赤十字社の領収証が貰えない。ゆえに「所得控除に使えない」という節税上のデメリットが生じる。

赤十字としては単に寄付金を集めるだけではなく「赤十字活動を多くの地域住民に知ってもらう」ことを目標としている。したがって、自治会として一括で寄付するといった方法が広まるのは、赤十字側としてはあまり嬉しくはないらしい。

自治会一括納入方式よりも、地域住民ひとりひとりに寄付金のお願いをする方が望ましい。だから寄付金集めの方法について「ぜひご一考ください」と赤十字奉仕団の方から連絡が来ている。

話を最初の質問に戻すが、もしも自治会費の用途に納得が行かない場合は次のような方法を取ろう。

  1. 自治会役員に問い合わせる
  2. 自治会総会で発議する
  3. 自治会を脱退する

繰り返すけれども、自治会が任意加入団体であり、ただのボランティア組織に過ぎないことをお忘れなきよう。

Q6.自治会で集めた寄付金は本当に日本赤十字社に送られているの? ちょろまかされたりしないの?

A.システム上、不正行為はしづらいものと思われます

例えば自治会長をやっている僕が「寄付金として集めたお金をこっそり着服しよう」と考える悪い人間であったとする。その悪事が成功するかどうかとなると、なかなか難しい。

第一点として、他の自治会役員と共謀でもしない限り、そのような不正はできないこと。

第二点として、「赤十字活動資金領収証」は特別なフォーマットでできており、寄付金額の改竄や隠蔽はできない(困難な)形式となっていること。

第三点として、(悲しいことに)寄付金そのものがあまり多くは集まらないため、そもそも着服しようという気が起こらないこと。

その他諸々の理由があり、自治会の方で不正が起こるといったケースはまずないだろうと思われる。なにせ自治会役員自体が善意のボランティア集団であるため、そんなまどろっこしいことして私腹を肥やすくらいであれば、とっくに自治会を抜けている。

ただ万が一、日本赤十字社のロゴや印章の入っていない領収証を手渡された場合には(あやしい……)と疑っても良いかもしれない。

Q7.赤十字社員ってなんなの? 会社なの?

A.まぎらわしいため「赤十字会員」の名称へと変更されました

これまでは寄付した人を「社員」と呼んでいたみたいだが、どう考えてもややこしく誤解を招く。もちろん会社の社員とは何ら関係ない。

なので2017年度からは「会員」へと名称変更された。

ちなみに2000円以上の寄付で「会員」、2000円未満の寄付で「協力会員」となる。

会員になれば住所と氏名が赤十字に登録され、機関誌『赤十字NEWS』が送られてくる。

そのほかの特典の違いはとくにないので、会員と協力会員の区分などはあまり気にせず、寄付したい人が寄付できる金額で協力していくことが大切だと思う。

Q8.自治会を通さずに個人で勝手に寄付をしてもいいの?

A.もちろんOKです。コンビニでもネットでも赤十字社への寄付ができます

あまり知られていないかもしれないが、ファミリーマートの「Famiポート」やローソンの「Loppi」からでも日本赤十字社への寄付ができる。

また、日本赤十字社の公式ホームページからも赤十字会員に加入することができ、寄付にはクレジットカードや口座振替が使える。

自治会としても寄付金集めにまわるのが大変なので、むしろ個人としてどんどん寄付してほしい。

自治会で寄付金を徴収するシステムはどうしても、人手が必要になるし非効率的と言わざるを得ない。コンビニ端末で気軽に寄付をするといった感じに、寄付がもっと気軽にできる世の中になれば良いなと感じる。

Q9.赤十字社のシールを貰ったんだけどどうしたらいいの?

A.お礼の品です。玄関や表札に無理に貼る必要はありません

共同募金をしたときに貰える羽根と同じく、赤十字社の会員シールもお礼の品であって、とくに玄関や表札に貼らなければいけないということはない。

ちなみに、メルカリに赤十字社の社員証シールが出品されていて、しかも驚くべきことに落札されている。こういうことはさすがにやめよう。

赤十字からも、余ったシールは廃棄か返還をするようにと頼まれている。

Q10.自治会での寄付金集めはうまく行っているの?

A.こちらは厳しい状況です

当自治会、および周辺地域の自治会では、集まる寄付金は年々減少傾向にある。うまく行っているとはいえない状況だ。

僕が自治会長を務めているところは、加入世帯数が数百を超えている。しかし、それらすべてで集まった寄付金額を合算しても1万円に満たない。

自治会役員達の労力(本来の人件費)を思えば、自分のポケットマネーから出した方が早いのではないかと思われる。

ベルマーク集めよりかはマシかもしれないが、正直なところ自治会による寄付金集めは(効率性を考えると)無理が生じてきていると感じる。

もしも赤十字の寄付金集めに「強制感」を抱く人がいるとすれば、それは自治会という地域コミュニティの性質そのものが深く関与している。自治会費と一緒に寄付金を集めます!というやり方は、どうにもいただけない。(断りたくても断れない人はいるだろう)

なお、当自治会ではこちらから寄付金をお願いすることは一切なく「寄付をご希望される方は集金に伺いますので、回覧板の名簿に名前をご記入ください」という方式を採っている。

どうにも赤十字奉仕団の決算報告書を読んでいると、活動費集めをちょっと自治会に頼りすぎているのではないかと感じる部分があり、危うく感じる。

とはいえスマートな代替案を持っているわけではなく、赤十字奉仕団だって自治会と同じボランティア組織だから、なかなか大変なのだと思う。

こちらとしては次期自治会へと今まで通りに引き継いでいくしかなく、歯がゆい。

(終わり)

スポンサーリンク


Copyright (C) 2016-2017 五条ダン All Rights Reserved.