Webライターとして生きる

五条ダンのブログ。「楽しく書く」ための実践的方法論を研究する。

Chordana Composerで自動作曲した曲をCeVIOに歌わせてみた話

最初に告白しておくと、僕は音楽がまったくできない。音痴だし音感もないし、学校の教室でリコーダーを吹こうものなら、クラスメイトが耳を押さえて逃げ出すレベルだった。 けれど、音楽そのものは好きだ。ニコ動に投稿されたボーカロイドのPVを眺めていると…

第一回「文学フリマ京都」に初めて出店参加した話

一月二十二日(日)に開催された、文学フリマ京都に出店参加した。サークルとして出店するのは今回が初めてで、就活の面接並みに緊張をする。ポストカードに販促用のキャッチコピーを書こうにも、手が震えてしまってまともに線が引けない有様だった。 幸い、…

もしもアフィリエイトのメリット紹介記事のピントがズレ過ぎている

ブロガーさんの書いた「ASP比較記事」をいくつか眺めていて、なにせ僕は《もしも》愛用者であるので、もしもアフィリエイトの評判はどんなもんじゃいと調べていた。ところが悲しいことに、紹介記事のピントが、ことごとくズレている。表向きに出ている情報を…

音声認識ソフト『AmiVoice SP2』を半年間使ってみた所感(辛口レビュー)

AmiVoice SP2にはアフィリエイト・プログラムがあるため、どうにもレビュー記事には『お金を稼ぎたい人のポジショントーク』が多い。レビュー記事は、良いところは良い、悪いところは悪いとはっきり書かなければ意味がない。 今回はAmiVoice SP2(音声認識ソ…

執筆スランプを抜け出すには30分あれば良いという話

文筆業を営む者にとってオバケよりも恐ろしいのが「執筆スランプ」だ。僕は専業Webライターとなって3年になるけれど、スランプオバケにはたびたび悩まされている。 文章を書くのが好きでライターやってるんでしょ?とよく言われる。でもぶっちゃけてしまえば…

「好きなことで生きていく」を巡る、強さと正しさと主にアニメの話

「好きだから、楽しいから」で行動をする強者たち 『灼熱の卓球娘』の第1話を見た。2016年の秋から始まった新アニメだ。可愛い女の子たちが部活で卓球をするお話なのだが、萌えだけでなく(スポ根的な)燃えもあって、面白かった。 1話は《上矢あがり》とい…

「主観的な文章はダメ!」というWebライターの縛りと逆張り戦略

Webサイトやブログを運営していて「PVを伸ばしたい」と考えるのであれば、おそらくこれから話す情報は知っておいても損はないと思う。 結論から述べると、Webライターは「主観的な文章」や「自分の体験談」を書くことができない(・・・・・・・・・)。もちろ…

ゲオ宅配買取でPSVitaを売った話(備忘録)

PSVitaをゲオ宅配買取で売ったのはもう去年(2016年10月)の話になるのだけれど、とりあえず備忘録というか、メモ書きとして残しておきたい。 PSVitaを売った経緯 もともと不要になって(そのまま捨てるのは勿体無いなと思い)売っただけなので、高値で売り…

文学フリマ大阪に初めて行ってきた所感

2016年9月18日(日)開催の第四回文学フリマ大阪に一般参加してきた。 学生時代にコミティア大阪に行ったことがあるのだけれど、あのときは人の多さに圧倒されてしまって、結局何も買えないままに帰ってきてしまった。同人誌イベントを実質的に楽しめたのは…

映画『君の名は。』小説を書くという視点から見た《夢》に関する創作的考察

※本記事は映画『君の名は。』の物語核心部分に触れる。これから映画を視聴される方にとっては、ネタバレとなる。すでに視聴済みであることを前提に話を進めるので、未視聴の方は避難されたし。 君の名は。(Amazonプライムビデオ) 『君の名は。』において僕…


Copyright (C) 2016-2018 五条ダン All Rights Reserved.