読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webライターとして生きる

五条ダンのブログ。「楽しく書く」ための実践的方法論を研究する。

Chordana Composerで自動作曲した曲をCeVIOに歌わせてみた話

五条ダンの日記

最初に告白しておくと、僕は音楽がまったくできない。音痴だし音感もないし、学校の教室でリコーダーを吹こうものなら、クラスメイトが耳を押さえて逃げ出すレベルだった。

けれど、音楽そのものは好きだ。ニコ動に投稿されたボーカロイドのPVを眺めていると、すごく胸がキュンキュンする。いいな、僕もいつかオリジナルの歌を作って発表したいな……と憧れをずっと抱えて生きてきた。

憧れを今こそ実行に移すとき!

作りました!!(ドーン

それではお聞きください。

「原稿のうた」です。

……………………

………………

…………

……

歌詞がひどい :;(∩´﹏`∩);:

 

さておき、僕は作曲はもちろん、DTMもボーカロイドも動画編集も完全に素人で、右も左も分からない。そんな自分が生まれて初めてつくったオリジナルの音楽が「原稿のうた」である。

これをどのように作ったのか、ということを解説したい。

1.作曲に用いるソフト(Chordana Composer)

Chordana Composer (コーダナ コンポーザー)はカシオ計算機株式会社が販売するスマートフォンアプリだ。

Googleプレイストアでは500円、iTunesストアでは600円で売られている。僕はAndroidユーザーなので、前者を購入した。(若干仕様が異なるらしい)

使い方は簡単。手順は次の通り。

  1. 録音ボタンを押して5秒間、自由気ままにキーボードをぽんぽん叩くか、口笛を吹く。(ハミングも可)
  2. 自動作曲ボタンを押し、ジャンルや曲調などを選択する。あとは全自動で伴奏も含めて作曲される。
  3. WAV形式、もしくはMIDI形式でエクスポートし、Googleドライブなどにアップロードする。

何も難しい作業は一切なく、このアプリを使えば文字通りネコでも作曲ができてしまう。なお伴奏用に「ボーカル部分だけを除いてWAV形式で保存」といったことも可能で、つまりカラオケ用BGMも作れる。

(余談)自動作曲における「著作権」の行方

ここで気になるのが、自動作曲した音楽の著作権は誰に帰属するのさって話である。Chordana Composerについて述べれば、じつは公式回答が得られている。

結論、Chordana Composerで作曲してできた音楽の著作権はユーザーにある。根拠となるソースを下記に2つほど挙げておきたい。

『だからこそ、Chordana Composerが作曲した曲の著作権はユーザーにあるわけなのです。』※開発者インタビュー

(引用:魔法のアプリ、Chordana Composerが持つ作曲テクニックを探る : 藤本健の“DTMステーション”

 『Chordana Composer を使って作られた曲の著作権は作られた方に帰属致します。お客様が作られた曲としてご利用することに問題ありません。 』

※カスタマーレビューに対するカシオ計算機株式会社の回答

(引用:Chordana Composer for Android - Google Play の Android アプリ

 もちろんだからと言って、99.9%を自動作曲ツールの力を借りて作った曲をこの音楽は俺が作曲しました!!と主張するつもりはさらさら無い。

ただ、カシオが「ユーザーの作った曲として自由に使ってもらって構いませんよ」と公式で回答していることはクリエイターには心強いのではないだろうか。

ボカロに歌わせたり、同人ゲームのBGM制作に使ったりと、Chordana Composerの使用用途が広がることを意味するのだから。(それ込みで500円のアプリと考えると、安すぎるくらいだ)

2.歌声の作成に用いるソフト(CeVIO)

今回はVOCALOIDのように歌声が作れるCeVIO Creative Studio Sというソフトを使用した。

詳しくは上の公式サイトをご確認されたし。

お値段は『CeVIO さとうささら ソング&トーク スターター』が10,800円。(※2017年2月2日現在)

ベクターで買うのがおすすめで、セールをよく開催しているのと(追加キャラのソングボイス単体など)オプション商品が一番充実している。(Vector「Cevio」商品ページ

ただ、購入検討中の方は公式サイトにある無料体験版を先に試すのが得策かもしれない。

ちなみに楽天市場やAmazonでも販売されている。

(ショップによって微妙に値段が違うので気になる人は最安値を。おそらくベクターでセール中に買うのが一番安い)

実際の作業画面は下のような感じ。

画面を見るとピアノの鍵盤に棒みたいのが並んでいて、難しそうに思えるかもしれない。

でもじつは、自動作曲アプリの「Chordana Composer」で保存したMIDIファイルをこちらにインポートしているだけで、僕は何もしていない。

※インポートするときはボーカルのトラックだけを選択して読み込む。(全トラックを読み込んで再生すると、PCのスペックによってはフリーズしてしまう……)

今回、CeVIOで必要となる作業は歌詞を入力するだけである。

歌詞入力を終え、あとは音階や音の長さで気になる部分があれば微調整をして、WAV形式でボーカルをエクスポートしたら終わり。

あまりに簡単すぎて、びっくりしてしまう。

(曲に合わせて歌詞を考えるのが、強いて言えば最も難しい作業となる)

 (余談)CeVIOは商用利用できるの?

CeVIOは原則として、商用利用不可である。

が、個人や同人サークルの範囲内であれば(YouTubeやニコニコ動画に投稿して広告収入を得るなど)多少の利益を得ることは許容されている。また、申請をすれば、CDやDVDにして同人誌即売会などで売ったりもできるようで、意外と許されている利用範囲が広い。

詳しくは

を確認しておきたい。

CeVIOは歌わせるだけでなく喋らせる(ナレーション・朗読)機能も備わっており、YouTubeやニコニコ動画を見ると「ゲーム実況」の用途で本ソフトを使っている人が多い印象。

僕ももともとは文章推敲用の朗読ソフトとしてCeVIOを購入した。けれど、長文朗読だとAHS社のVOICEROID(ボイスロイド)の方が綺麗に読み上げてくれるし動作も軽い。純粋な音声読み上げソフトをお探しの方には、ボイスロイドの方を薦めたい。

3.動画編集に用いるソフト(AviUtl)

今回、動画の制作にはフリーソフトであるAviUtlを使用した。

これはちょっと最初の設定や、使い方の習得が(初心者には)難しいソフトで、僕も初心者なのでうまく使い方を説明することができない。

設定方法やソフトの使い方を解説したサイトが多数あるので、インストールの前に読んでおこう。(説明書もなしに直感的に使うのは無理なタイプのソフトです)

「Chordana Composerで自動作曲した曲をCeVIOに歌わせてみる方法」のまとめ

手順をまとめると次の通り。

  1. Chordana Composerで自動作曲し、MIDI形式で保存。ボーカルトラックを除いたバージョンもWAV形式で別途保存しておくと、あとで伴奏用に使える。
  2. CeVIOにMIDIファイルのボーカルトラックを読み込ませ、歌詞を入力。歌声をWAV形式で出力。
  3. AviUtlで、ボーカルWAVと伴奏WAVとを合わせ、動画をつくる。

以上のたった3ステップで冒頭に挙げた「原稿のうた」みたいな動画が作れてしまう。なんとも画期的なことだと思う。

作詞スキル、ボイス調整スキル、動画制作スキル等のレベル上げを頑張れば、(たとえ作曲スキルがなくとも)ボーカロイド・CeVIOのPVを作ることができる。

夢と可能性のある時代を素直に喜ぶとともに、これらの素晴らしいツールを開発してくださった方々に深く感謝したい。

そして次こそは、もっと良い音楽を作れるよう頑張りたい。

読者の皆様におかれましては、ぜひ、僕こと「五条ダン(時巻クラブ) - YouTube」のYouTubeチャンネルをフォローして、今後の音楽活動(?)を暖かい目で見守ってくださればとても喜びます。

(了)

第一回「文学フリマ京都」に初めて出店参加した話

五条ダンの日記

 一月二十二日(日)に開催された、文学フリマ京都に出店参加した。サークルとして出店するのは今回が初めてで、就活の面接並みに緊張をする。ポストカードに販促用のキャッチコピーを書こうにも、手が震えてしまってまともに線が引けない有様だった。

 幸い、隣のブースの方が気さくに話しかけてくださり、打ち解けたフレンドリーな空気に幾分か緊張感が和らいだ(当日はお声掛けくださって本当にありがとうございました)。

 文学フリマが素晴らしいのは、頒布作品の数々から「自分の好きなものを書くんだ!!」という情熱が伝わってくるところだ。この話は去年の九月に行った『文学フリマ大阪』のレポートでも書いた。

 文学フリマ京都には《妖怪変化・もののけ・常世》という京都ならではの出店ジャンルがある。僕も「不思議系ショートショート集」と「退魔師を題材とした百合小説」を持って行くため、このジャンルで出店した。

 同じジャンルのブースを見てまわっていると、民俗学・神話・妖怪・七福神・幽霊など、各々の探求分野は違えども、本当に専門的かつニッチな文学作品が並んでいて、ほとばしるパッションのようなものをひしひしと感じる。これは書店の(商業作品の)棚では決して味わえない感覚で、文フリの醍醐味と言える。

(写真は当日配布した本。B6判二段組、118ページで1冊500円。製本所は『ちょ古っ都製本工房』を利用)

 さて、弊著『創作怪異物語』は有り難いことに二十部も売れた。五部も手に取ってくれれば十分だろうと考えていただけに、これは大きな驚きだった。さらに無料配布の『Web小説バケユリ』の読書案内カードは八十枚も配布できた。二つ合わせてなんと百部も配れたのだ。

 喜びが込み上げると同時に、恥ずかしいような申し訳ないような気持ちで一杯になる。

 もっと良いものを書かなければいけない。

 もっとうまく書けるようにならなければ。

「五条さんは今後はどのような方向性で書かれるのですか?」

 あるとき、ブースに来たお客さんからこのような質問を投げかけられた。彼は立ち読みをしていた『創作怪異物語』を長机に置き「こちらは純文学系のショートショート集ですよね」と確認する。そして机の右側の『バケユリ』読書カードを持ち上げて「こちらはライトノベル系の百合小説ですよね」と続けた。

 僕は返答に詰まり、頭の中で「うーむ」と悲鳴のような唸り声をあげてしまう。

 僕は文章を書くのが好きだ。だから、何でも書いてきた。Webライターを仕事としているし、趣味の小説でもミステリーからアダルト小説に至るまで、あらゆるジャンルに挑戦し(その数だけ挫折を味わって、それでも)書き続けてきた。

 ケータイ小説の投稿サイト『魔法のiらんど』で少女向け恋愛小説を連載したこともあれば、男性向けハーレム官能小説を電子出版したこともある。

 何でも書けるといえば聞こえは良いが、そのじつ、自分の書きたいことが分からず迷走しているだけなのだ。

 ドイツの哲学者、フリードリヒ・ニーチェの著作に、次のような一節がある。

「ともかく、君たちが望むことをやれ。――だが、その前にまず、望むことのできる人間になれ!」
(引用:ニーチェ『ツァラトゥストラ(下)』丘沢静也・訳/光文社古典新訳文庫 p.54)

 物書きに向けた言葉に置き換えてみようか。

 ともかく、君たちが書きたいことを書け。――だが、その前にまず、書きたいことを持てる人間になれ!

 僕が「百合……これからの時代は、百合小説が来るのではと思いまして……」としどろもどろに答えあぐねていると、お客さんはそれ以上の追及はせず「では一部ください」と微笑んで、五百円玉を手渡してくれた。

 文学フリマ京都は午後四時をもって終了となる。主催者の方が閉会の辞を述べ、参加者一同の盛大な拍手で締めくくった。手を叩く音のなか、僕の頭のなかでも声が鳴り響く。

 君は何のために小説を書く?
 君は何が書きたい?

 その後、同じく出店参加していた方とマクドナルドで創作談義し、別れてからはひとり、彷徨うオバケのように京都散策をする。神戸方面の新快速電車に乗った頃には、日がすっかり暮れていた。

 神戸に着いたのは夜の九時で、駅前のラーメン屋で夜食とする。カウンター席に座ると、店主のおじさんがやたらと『生姜ラーメン』を薦めてくる。今年の新作らしい。

 喉にじんとあたたかく沁みる生姜のスープを啜り、自分はどんな小説が書きたいのかをひとりで悶々と考えた。割り箸で麺を掻き分けてみると、チャーシューが五枚も入っているではないか。

 そうだな、小説を一冊千円で売るとなると、少なくともこのラーメンと同じくらいの幸福感をお客さんに届けなければいけないわけだ。それは途方もなく難しいことで、簡単じゃない。店主の並々ならぬ努力の日々を思うと、ラーメンの一杯がまことに恐ろしい創作物に思えてきた。

 店を出て、冷たい風に当たる。星は雲に隠れて真っ暗だった。僕はまだ、小説の書き方がわからない。次回の文学フリマに参加するときには、自分なりの答えを見つけておきたい。

(了)

スポンサーリンク


Copyright (C) 2016-2017 五条ダン All Rights Reserved.