読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webライターとして生きる

五条ダンのブログ。「楽しく書く」ための実践的方法論を研究する。

ブログを長期運営する秘訣はニーチェと少女漫画が知っている

過去と現在と未来とが直線上に並ぶとする考え方は、二十一世紀において広く信仰される思想のひとつである。

たとえ神様が死んだって、私たちの生きる意味は未来が与えてくれる。

志望校に合格する未来の自分のために受験勉強を頑張り、企業に就職する未来の自分のために就職活動を頑張る。

ニーチェは著書ツァラトゥストラのなかで、このような未来のために生きる人間を「相続人を欲しがっている」と形容する。相続人とはすなわち未来の自分である。

それはさておき。

生きる希望は、未来にある。

未来は、神に代わる《生の指針》となった。

話は変わるが、ブロガーやアフィリエイターといった人たちは、直線的時間観念との相性が良い。

すなわち記事をコツコツと積み上げて、時間とともに収益やアクセス数が増えていく。《未来》が書き手にとっての大きなモチベーションとなる。

ブログの運営報告あるいは収益報告が楽しいのは、自分が成長しているところ(つまり未来へと向かっているところ)を肌で実感することができるからだろう。

ゲームもレベルアップしてさまざまなステータスが得られるから、喜びを感じる。アクセス数や収益は、目に見える未来への希望である。

世の中が上昇トレンドばかりであるなら、僕は今頃、株式投資で大儲けしているはずである。NISA口座に塩漬けされた持ち株など、存在するはずがない。残念ながら、世界は甘くはなかった。

ブログ運営についても、記事数を増やせば収益やPVがどんどん上がっていくという、イージーモードな時代は終わった。これからはむしろ下落相場に耐え忍ぶことを覚悟しなければならない。

収益やPVが下落トレンドにあるなかで、果たして自分のブログ運営のモチベーションを維持できるかどうか。それこそが、ようやく出てきた当記事の本題である。

未来の信仰、直線的時間観念が、いつだって人々を陽気で明るい気分にさせてくれるはずはない。希望の光には絶望の影が生まれる。

存在を持つ者は常に《死》へと向かっており、それと同時に常に一瞬の《生》に輝いている。これもまた、時間の在り方である。

ニーチェの時間論は丸っこい形をしているようなイメージがあるが、ツァラトゥストラに言わせれば時間の本質が円であるとか曲線であるとか、そんな簡単な話でもないらしい。

僕はてっきり、永遠回帰とは「自分の人生が無限ループするとして、その生きることを絶対的に肯定できるか」という命題だと思っていたが、今となってはよくわからない。

それはさておき。

円環的時間観念を用いれば、アクセス数や収益が低迷状態でもブログ運営のモチベーションを維持できるのか。

下記に、ツァラトゥストラ第4部、夢遊病者の歌の一節を引用する。

――もっと遠くのものに、もっと高いものに、もっと明るいものにあこがれようとしている。「相続人がほしいのです」。悩んでいるものは、そう言う。「子どもがほしいのです。私自身ではなく」――

(引用:ニーチェ『ツァラトゥストラ(下)』丘沢静也・訳、光文社古典新訳文庫 p.382)

僕たちは未来に手を伸ばす。もっと収益がほしい。もっとPVがほしい。もっと評価がほしい。成功した未来の自分、相続人を探している。

ツァラトゥストラはかく語りき。

喜びは、相続人をほしがらない。子どもをほしがらない。――喜びは、自分自身をほしがる。永遠をほしがる。回帰をほしがる。すべてが永遠に同じであることをほしがる。

(引用:同上、p.383)

今この瞬間の、一刻一刻と死へと向かっている、刹那の生命がある。

その瞬間において、心の底から喜ぶとき、私たちは瞬間が永遠となることを求める。

 

お願い。時間よ止まって。

この幸せな時間が、永遠に続けば良いのに。

 

僕がちょうど肉じゃがを作っているとき、妹は居間でテレビを観ていて、それは少女漫画原作のアニメDVDだった。ヒロインがこのような台詞を言うのを聞いた。

止まった時間が永遠に続けば良いのにだって? ヒロインは、刹那と永遠を同時に求めている。

ツァラトゥストラ第3部「まぼろしと謎について」の章でも、永遠と瞬間についての謎解きがされる。けれど何度読み返しても、理解の尻尾にさえ指先が触れなかった。

だから僕は、雷に打たれたような衝撃を受けた。

もしかしたらこれこそが、現代を生きる新しい時間の観念かもしれないと、鍋と一緒にわなわなと震えていた。

それはさておき。

PV数と収益が下落トレンドにあったとしても、モチベーションを落とさずにブログを長期運営することはできる。それはニーチェのツァラトゥストラと、少女漫画が教えてくれた。

すなわち

  • 未来の自分を相続人とするのでなく、今ここにいる自分自身のために書くこと
  • 永遠に続いてほしいと心の底から願う、一瞬一瞬の喜びを大切にして書くこと

である。

あまり悲観をせずに、葡萄酒でも一杯飲もう。

(了)

【書評】人気ブロガー養成講座(かん吉)は承認欲求に囚われずに読めば良書となる

菅家伸(かん吉)氏の書いた『ゼロから学べる ブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座』を読んだ。ちなみに本書のタイトルは空白無視で31文字。そしてタイトルには「ブログ運営」「集客」「マネタイズ」「ブロガー」等の重要キーワードが散りばめられている。

ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座

ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座

  • 作者: 菅家伸,かん吉
  • 出版社/メーカー: ソーテック社
  • 発売日: 2016/10/08
  • メディア: 単行本
  • Amazon楽天ブックス
 

そう、お気づきのとおり、本書自体がSEOを強く意識している。筆者のかん吉氏は日本アフィリエイト協議会の理事をしており、彼の「わかったブログ」もブロガーよりアフィリエイターの方からの知名度が高いのではないかと思う。

アフィリエイトの最前線に立つ彼だからこそ、本書の情報密度は非常に濃い。250ページ超あるなかで、これでもかというくらいにブログ運営のネタを散りばめている。初心者向けの情報も多いが、上級者でも唸ってしまうようなネタもある。

例えば本書のp.141では「自分のブログ記事に一つ目のはてブがついたらIFTTTで通知が行くようにしておき、通知が来たら即座に二つ目のはてブをセルクマする。(そうすればホッテントリ掲載の確率を高められる)」といったハックが紹介されている。

もちろん、やり過ぎるとはてな運営からスパム判定される可能性があることについてもちゃんと触れられている。

これを読んだとき僕は(人気ブログにするためにここまでやるのか……)とドン引き感心してしまった。

本書ではこの他にも、人気ブログを運営するための具体的なノウハウがこれでもか!というくらい紹介されている。ブロガーを目指す人にとって役に立つかどうかと問われたら、そりゃもう圧倒的に役に立つでしょう。情報密度が他の本とは一線を画します。

マネタイズは後回し! まずは信頼を獲得せよ!」が筆者の基本理念であり、そのあたりは僕としても大いに共感する。ブロガーの教科書的なものをお探しの方には、本書をおすすめしたい。

「人気になる」は目的ではなくて結果なのではないか

筆者は「最初からお金を目標にすると良いブログにならない。マネタイズは結果としてやってくるものである」といった趣旨の話を本書(p.16~17)でしている。

僕も同じ考えだ。マネタイズしか頭にないと(病気で苦しむ人に怪しいサプリメントを売りつけるみたいな)読者に対して不誠実なコンテンツに手を染めてしまう。

ブログの収益化はなんだかんだいって、バイトで稼ぐよりは難しい。金儲けのためにブロガーになるという構造には、どこか歪みが生じる。

同じように「人気者になること」も結果として得られるならともかく、最初から目的にするとおかしくなる。人間は簡単に承認欲求の虜になってしまう。他人事のように語っている僕自身も何だかんだ言って、承認欲求を制御できずに暴走することがある。

 前回の記事の繰り返しとなってしまって恐縮だが、ブログ運営において重要なのは次の3つの要素だ。

  1. わーい!
  2. すっごーい!
  3. たーのしー!

※アニメ『けものフレンズ』より

すなわち、

  1. 自分の喜びを相手に伝えようとする気持ち
  2. 自分の驚きを相手に伝えようとする気持ち
  3. 書くことを楽しむこと

この3つを大切にして、ブログを運営していきたい。

筆者も本書のなかで次のように主張する。

ブログを利用すると、「自分が大好きなことをする」と「他人のためにしてあげる」、つまり「自分が好きなことを他人のために頑張る」ことによる成果を、多くの人に届けられます。

【引用 『ゼロから学べる ブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座』菅家伸(かん吉) p.17】

本書はあとの方になるほどソーシャルメディアによる集客だとか、バズらせる戦略だとか、フォロワーの増やし方だとか、あるいは効果的な自己ブランディングだとか、人気ブログを育てるためのノウハウ紹介にページを割いている。

しかし重要なのは上記に引用した最初の部分で、まず第一に「自分が大好きなことをする」のが最も大切だと思う。

自分が心の底から好きなことをしているからこそ、その喜びや感動を読者にも伝えようとする気持ちが生まれる。「伝えたい」という感情を枯らすことなく持ち続けることが、ブロガーには必要なのだ

タイトルにも書いたとおり、承認欲求に囚われずに読めば、本書は良書となるだろう。

筆者は『人気ブログを作る決意を持ちましょう!』と激励するが、僕個人としては、決意よりも『自分の楽しいと思う気持ち』を大切にしてほしい。

「俺は何としてでも人気ブロガーになってやるぜ!」と気負うのではなく、「楽しくブログを運営したいけど、せっかくならたくさんの人に記事を読んでほしいよね!」くらいのスタンスで本書を読みたい。

(終わり)

スポンサーリンク


Copyright (C) 2016-2017 五条ダン All Rights Reserved.